法人デビットカードを作るメリット

法人デビットカードの特徴

法人デビットカードとは、企業に対して発行されるデビットカードです。デビットカードは口座に紐付けされた決済用のカードのことで、クレジットカード同様に、買い物をしたり公共料金の支払いをしたりすることができます。クレジットカードとデビットカードの違いは、決済のタイミングです。クレジットカードは毎月締め日があり、支払いは翌月に行われます。支払いの際に資金が手元になくても、支払日までに資金を用意できれば問題ありません。

一方、デビットカードは支払った直後に口座から代金が引き落とされます。ですから、支払い前に口座に代金を入れておかなければなりません。また、口座に残高がなければカードの利用はできなくなります。

ビジネスカードより優れている法人デビットカードのポイント

法人デビットカードは、ビジネスカードを作るときのような厳しい審査がありません。ですから、まだできたばかりの会社や、収益が安定せずビジネスカードの審査に通らなかったという会社でも、作ることができます。また、法人デビットカードは1日で、数十万~数百万円の決済を行うことが可能です。これは、一か月あたりにするとビジネスカードの利用限度額よりずっと大きくなります。ビジネスカードの場合、利用限度額を一定額以上に引き上げたい場合、時間をかけて信用を積むか、年会費を払ってゴールドやプラチナカードを作らなければなりません。しかし、デビットカードならば、即時決済なので、無料で限度額の大きなカードを持てることになります。

Close
Menu