法人デビットカードを作るデメリット

銀行口座と直結しているからこその短所

デビットカードを使えばお金が即座に口座から引き落とされるため、少額現金のやりとりが減り、経理の手間も省け、使い過ぎの抑止力にもなるなど、経営者の方にとって一見いいこと尽くめです。しかし、デメリットも決して少なくはないということは、事前に把握しておく必要があります。まずは、クレジットカードのような支払いまでの間がないことです。今口座にある分しか運用できないので、資金繰りが苦しい段階で支出を重ねることはできません。また、あくまで銀行口座に紐づけされたサービスであるため、引き落とし口座の変更ができないことにも要注意です。特定店舗での割引、旅行先でトラブルに遭った場合の補償など、様々な面で優遇される付帯特典もほぼありません。

クレジットカードのようには使えない

法人であるか個人で作るかに関わらず、デビットカードにはポイントが付きにくい、というデメリットもあります。そもそもポイントサービスが存在しないカードが大半で、キャッシュバックがあってもクレジットカードと比較するとその還元率は低くなります。さらには、追加の発行枚数にも制限があります。同じ銀行が発行しているカードでも、クレジットなら無制限のところを、デビットだと10枚程度が上限となってしまうこともあり、社員が多いと全員には行き渡りません。海外でカードを使う際の、いわゆる国際ブランドについても選択の余地はほとんどなく、こちらの都合に合わせることはほぼ不可能です。こういった各種のデメリットを嫌うのならば、クレジットカードを作ることをおすすめします。

Close
Menu